小技

バラシ

剪定や伐採した枝条の片付けのとき、どのように切るでしょうか?

林業関係の人は特に、主枝から小枝を分けていくと思います。造材の枝払いの延長です。
もちろん太いところを利用するならそれで全く問題ありません。
しかし現地で積みおきなど、その場に整理するときは短い小枝がバラバラになってしまい、うまく片付きません。

そんなときは、
Kimg0178

写真のように又の太い方をひたすら切っていきます。
すると、
Kimg0179

おおむね長さが揃い、小枝もバラバラにならず、収まり良く片付ける事がてきます。

枝分かれの角度が小さい広葉樹を片付けるときにはぜひお試しください。

PET

小ネタ続きである。
現場の一部で法面伐採。ランヤードが使えないシチュエーションでは、以前からアサップでバックアップを取っているが、端末のストッパーノットが集中的に地面に擦れてしまうのが不満だった。

そこで今回はストッパーノットと登り返し用のウエイトをペットボトルに入れてみた。

Img_20140507_153529


Img_20140507_153424

ロープのダメージも少なく、意外と引っかかりも少なく快適に作業できる。

高枝

間が空いたので小ネタでリハビリ。

フェリングレバーが林内に落ちている件は以前話題にしたような気がするが、ポールソーの柄もまた林内に落ちている。
どうしても邪魔なツルが地上3mの高さにあるとき、ポールソーがあれば簡単に処理できる。
Img_20140403_105700
適当な棒の先端近くをチェンソーでくり貫き、先を割る。
Img_20140403_105428
セットして縛れば出来上がり。
以上。

漏斗

久々に小ネタらしい小ネタ。
ジョウゴ。

フューエルボトルからチェンソーに給油する際、OPTIMUSのボトルは注ぎづらい。
旧型を使用しているが、新しいグリーンのボトルはさらに注ぎ口の首が短く、満タンのボトルからこぼさずに給油することはまず無理だろう。
そこで、シンプルにジョウゴを使用する。
Ncm_1097
ペットボトルの口の部分を切り取っただけのもの。
これがスチールの燃料タンクにちょうどよくはまって自立する。
Ncm_1103
Ncm_1102
収納時にはこのようにしている。かさばらない。

接地

接地丸太の玉切り競技というのがWLCにはある。
実際の現場ではもちろん競技のようにはいかず、状況はもっとシビアだ。

Imgp2097

たとえば石だらけの斜面で元をはねる。
少しでも石に触れればソーチェーンは刃でなくなってしまう。
刃でなくなるということは、チェンソーは役に立たない。
役に立たないチェンソーを持ったチェンソーマンはただの丸腰の人。
ただの丸腰の人は現場では戦力外。
伐採と集造材が同時に進行する現場ではすべての工程にブレーキをかける事になってしまう。
一本のソーチェーンで2度も石を切れば、目立て直しの時間など、ソーチェーンのコストは倍以上、
突っ込み切りの出来ないチビたカッタが残るだけ。
はっきり言って直す価値はないと思っている。

刃を傷めないということはチェンソーマンにとって非常に重要な義務になる。
もちろん、そんなリスクは避けて集材後に土を掃除してからという選択肢もある。
今回は色々な状況から、山で造材を行う前提で考えてみる。

Imgp2098

まずは地面に当たる心配のないところまで伐る。

Imgp2099

そしてクサビを深く打ち込む。

Imgp2100

十分に伐り込めていれば、薄い辺材を残してブロックをはがすことが出来る。
ここから、残った辺材をはつって外皮だけを残す。

Imgp2101

切り離した辺材。

Imgp2105


Imgp2106

完了。

一手間

最近のマニアックな伐倒。

伐り捨て間伐でのひとコマ。

Ncm_0473

かかり木処理。車道が近くて伐倒方向を変えたくなく、元を後ろへずらす。


まつくい被害木の伐倒で。
伐倒直前、伐倒ラインから

Imgp2025

後日、同じ伐倒ライン上から

Imgp2041

分かりにくいが、枯損木右手前のアカマツに注目してほしい。
元々下の写真の位置にあり、枯損木の伐倒ラインを塞いでいた。
伐倒木は胸高直径44cm樹高28m、手前の木も同じくらいあり、簡単に道連れというわけにはいかない。
そこでロープをかけて牽引し、樹幹の位置を伐倒ラインから外しておいたのだ。

いずれも、かかり木にはコレ!とか、ベストアンサー的なものではない。
適応できる状況は限られているし、リスクも当然ある。
千差万別の個々の状況に応じて解決方法を考えるのが大事で、それがおもしろい。

雑貨

分かる人には画期的。
その使用感は感動的ですらある。
分からない人には全く意味がないので、読み飛ばしていただいてかまわない。
Ncm_0191

Ncm_0192_2

分かる人にだけ分かるように説明すると、
末武師匠直伝「合わせ」で受けにセットすると蹴りが押しで済む。
任意の大きさにカットした2mm厚PP製まな板の裏に家具底面用のフェルトを貼り付けただけ。


これだけではなんなので、小ネタついでに誰にでも分かるものも。
Ncm_0193

説明は不要。

マニア(1220追記)

最近のマニアックな伐倒をいくつか。

まずはこれ。
Ca3a0595001

バーが届かないということは、通常の伐倒では問題にならない。

続いてこちら。
水道のパイプが浮いた状態で伐倒方向に通っている。
before

Ca3a0599

after

Ca3a0603

これはちょっと考えていただきたい。
ただし特別な道具は使用していない。

=====1220追記=====

連続写真で。

Ca3a0600 まずは根元に切込みを入れてパイプを挟み込む

Ca3a0601 そして伐倒。パイプに触れることなく地面に落ちた。

すぐ近くには電柱の控線もある。

これも同じように

Ca3a0596 Ca3a0597

Ca3a0598

大したことではないので、「小技」

グラスウォーマー

セーフティグラス=防護メガネ。
まだ使用している人は少数派かもしれない。
雨降りなど、着けている事で著しく視界が悪くなるとき以外は、基本的に使用している。

山に入った当初はFRPのヘルメットだけでフェイスガードも無く、
「細目」でやっていた事を思い出す。
しかし、山林作業で目の保護を甘く見ないほうが良い。
目に入ったゴミを放置しただけで入院した人もいる。

しかしこの時期、汗もかくし湿度も高い。当然くもってしまうこともある。
くもり=結露。水蒸気が冷やされて水滴となる。
という事は、温かければ結露しない。

Ca3a0517

燃料補給して小休止のとき、機械の上に置いておく。
すると、メガネが温められてくもらない。
また、くもったときは排気に当てるとすぐにくもりが取れて、しかもくもりにくくなる。

消火

蚊取り線香の季節だ。パワー森林香(赤箱)。

Ca3a0488 Ca3a0489

防虫器とターボライター、フィルムケースがチャック付ポリ袋に入っている。
今回の主役はこのフィルムケース。

Ca3a0490

中身は砂。

Ca3a0491 Ca3a0492

砂の中に火のついた線香を差し込むと、すぐに冷却、酸欠で消火できる。
そのまま防虫器に戻し、チャック付ポリ袋に入れればにおいを気にせず、
1BOX車にも収納できる。

そして次に使用するときは無駄なく続きから点火でき、最後まで使い切れる。

より以前の記事一覧