« 支店 | トップページ | カヤ(追記) »

昨年秋に支障木として伐採したコナラ。

手ごろな枝はホダ木など所有者に引き取られたものの、幹は大きすぎて出せず、とりあえず譲り受けてそのままになっていました。

051
チェンソーミルの最小セット。これでもなんとかなります。
はじめの基準も、レール等がなくても設置できます。
050
四隅にコースレットを打って水糸を張り平面を出した後、適当な間隔で水糸に合わせてコースレットを打っていきます。
その上にコンパネを置けば基準面ができます。
曲がり材でも対応できますし、案外レールよりも正確に平面が出ます。
053
しかし大径のコナラは硬いです。
今回縦挽き用の目立てをしたソーチェーンを用意したのでそれなりに切れましたが、
辺り一面粉だらけです。
顔のそばでチェンソーを連続運転することになるので、耳栓+イヤマフで耳をガード。
一枚挽くごとに目立てと燃料補給。
なかなかエネルギーがいります。
そして問題は出材。
欲張ったので板は1枚100kgほどになります。
荷台までは曲線距離(笑)約12m。
052
054
055
名付けて水平修羅!
材木どうしは摩擦が少ないことを利用して、挽いた材を順に滑らせて道を作り、その上を滑らせて荷台まで。
058
見事持ち上げることなく積載できました。
長さ2.1~2.2m、厚さ10cm前後、幅45cm~60cm程度が4枚。
問題はどこに置くか?

もったいないから板にして出した…
そういうことですが、僕自身は多少DIYをしますけど木工の趣味は特にありません。
この板を高く買っていただける人を募集しています。
高く買ってより価値を生み出せる人。
そんな人にめぐり逢いたいです!

« 支店 | トップページ | カヤ(追記) »

コメント

ああ、これは面白い、ビジネスとして成立するといいですね。
成立しないと継続性もないのです。

gotoれすさん、ありがとうございます。
これだけ大きいと薪ではちょっとな~。て感じですよね。

とりあえずご予約いただきました。
使えるまでに乾燥でだいぶかかりそうですけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 支店 | トップページ | カヤ(追記) »