« 独房 | トップページ | 特殊 »

近況

毎度ご無沙汰してしまいました。

2週間の研修から帰り、にわかに忙しくなっています。
今日は雨に降られて木から降りてきました。

Img_20141030_100548_360x640

先日の作業中隣にあった大きなケヤキ。見事です。
最近紅葉せず茶色くなってしまうケヤキばかり見ていたので、いっそうきれいに感じました。

そして急遽伐採することになった倉庫裏のコナラ。
概ね真下に枝を落とすことができるのでバッテリーチェンソーで樹冠を伐っていき、バッテリー1個分で右の状態まで持っていけました。
Img_20141103_103856 Img_20141103_151946

Img_20141103_143235
長い枝を落とすと「1でんぐり」で建物に激突してしまうので、近いところは先の方まで行ってなるべく小さく伐り落としていきました。

Img_20141103_170304
スタートが遅かったのもあり初日はここまで。後は伐倒するだけです。

Img_20141108_094317
Img_20141108_094939
後日、残っていた枝整理と伐倒。
大きすぎて利用しづらい太い幹の行き先が課題です。

伐採仕事の合間を縫うようにクロマツの剪定も進行中です。
こちらはまだ慣れない作業で手も遅く、とても採算は合いませんが、
しっかり勉強させてもらいます。おもしろいです。

« 独房 | トップページ | 特殊 »

コメント

こんばんは!

樹上作業の時はグラウンドワーカーはいるんですか?

それとも1人でしてますか?

マツの手入れは新米なのでまだまだしてません。

剪定は面白いですよね。

401man さん、現場によりけりです。
今回は直接落とせる難しくない条件でしたので一人でした。
リギング作業の場合は必要に応じて信頼できるグランド/クライマーと二人以上で行います。

お帰りなさい、相変わらず綺麗な伐痕ですねー。

gotoれすさん、ありがとうございます。
受け口が20インチでギリギリでした。
追い口の切れ曲がりはおが屑でカバーしてあります。

だんさん、
この「1でんぐり」で 家の軒先を壊したことがあるんですよ~。
あの時のショックというか情けなさは 忘れることができません。
とにかく 結果オーライを無くしていく作業に腐心しなきゃ
という教訓になりましたね。


eさん、でんぐりはけっこう破壊力ありますからね。
僕も前の仕事を始めてすぐの頃、家の前のヒバの枝を落としたらアクティのフロントガラスまで飛んでいってクモの巣になったことがあります。
手で持ってコントロールできる範囲でないと、フリーで落とすリスクは高くなりますね。
やってしまえば登る意味もなくなってしまいます。

あとやはり壊れやすいものが真下とか近くにあるときは養生するに限ります。
気をつけても落ちるものは落ちます。(落ちました。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近況:

« 独房 | トップページ | 特殊 »