« チェーンオイル考 | トップページ | 硬化 »

接地

接地丸太の玉切り競技というのがWLCにはある。
実際の現場ではもちろん競技のようにはいかず、状況はもっとシビアだ。

Imgp2097

たとえば石だらけの斜面で元をはねる。
少しでも石に触れればソーチェーンは刃でなくなってしまう。
刃でなくなるということは、チェンソーは役に立たない。
役に立たないチェンソーを持ったチェンソーマンはただの丸腰の人。
ただの丸腰の人は現場では戦力外。
伐採と集造材が同時に進行する現場ではすべての工程にブレーキをかける事になってしまう。
一本のソーチェーンで2度も石を切れば、目立て直しの時間など、ソーチェーンのコストは倍以上、
突っ込み切りの出来ないチビたカッタが残るだけ。
はっきり言って直す価値はないと思っている。

刃を傷めないということはチェンソーマンにとって非常に重要な義務になる。
もちろん、そんなリスクは避けて集材後に土を掃除してからという選択肢もある。
今回は色々な状況から、山で造材を行う前提で考えてみる。

Imgp2098

まずは地面に当たる心配のないところまで伐る。

Imgp2099

そしてクサビを深く打ち込む。

Imgp2100

十分に伐り込めていれば、薄い辺材を残してブロックをはがすことが出来る。
ここから、残った辺材をはつって外皮だけを残す。

Imgp2101

切り離した辺材。

Imgp2105


Imgp2106

完了。

« チェーンオイル考 | トップページ | 硬化 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 接地:

« チェーンオイル考 | トップページ | 硬化 »