« 師走 | トップページ | キックバック »

地上作業

普通に伐倒できない、またはやりたくない場合の伐採方法にはいろいろある。
その中でも比較的作業上のリスクが少ない方法として、地上からロープをセットする吊るし伐りを紹介したい。

Imgp1391

ターゲットは左手前のアカマツ枯損木。非常に分かりづらいが、樹冠部分のくびれ下にランニングボーラインで結んだロープを右奥のアカマツの枝に掛けて幹を巻きながら下ろしてある。

Imgp1392

Imgp1393

下部の状況。今回はアンカーの木にターゲットが密着してしまう設定のため、ロープの操作を安全に行うためにプーリーを介してサクラを最終アンカーにしている。

はじめに、樹冠をアンカーに近づけるためにかかり木状態にする。

Imgp1394

ここでロープの弛みを取って固定しておけば、後はどのように伐っても樹冠の動きは制限されているので倒れることはない。
元玉を別のロープで確保しながら順次サイズに切り離してゆく。
Imgp1395

軽くなってくれば、浮かせたままの作業が可能になる。

Imgp1396

最終的に手前に引き込んで着地させた。

Imgp1397

はじめに結んだランニングボーライン。

Imgp1399

今回の伐採作業に使用した道具一式。
スローラインセット、ロープ2本(45m&18m)、プーリーセット、チェンソー。
他に1.2mの尺棒。
以上。

多少手間がかかるが、周囲の立木をほとんどいためず、高所作業もなく、
樹高20m以上ある木が伐採を終えた時点で数メートルの範囲内に収まるので、集積作業が非常に楽に出来る。

Imgp1407


Imgp1409


« 師走 | トップページ | キックバック »

コメント

なるほど~。ロープの強度と枝の強度を考えといてやればできますね。
ただ、桜に結んでしまうと重量がかかった状態でほどいて緩めるのが大変そう。
ポーターラップ使うか木に3回くらいロープ巻いといたほうが解除が楽そうですね。

それにしても松枯れの燻蒸作業は吊るし切りが楽そうですね。
集積が本当に面倒で。_ノフ○ グッタリ

botaさん、
アカマツに2回、サクラにも3回巻いて、さらにテンションがかかっていても
解きやすい結びですので問題ありません。
いきなり吊ってしまうと切れないまでもオーバーロードでロープと立木を傷めますので、
最初は張りすぎないように倒れ止めとして使用します。

素直に一発で倒れればその方が早いと思いますけど、今回はトップカット3本とこの吊るし伐りを僕が1人作業して、通常伐倒2本とそれぞれの後処理を他の二人が平行してやった結果、難易度の割りに効率的だった印象です。

トップカットでバラしたものも、やはり材料が近くに集中するので集積は楽でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地上作業:

« 師走 | トップページ | キックバック »