« 見える化 | トップページ | 次世代 »

破断

今までソーチェーンが使用中に切れたことはなかったのだが、
今日作業終了後にジョイント部分のタイストラップが片方破断していることに気がついた。

砂っぽい現場で少々無理をしたといってもまだ新しいチェーンだ。

Ca3a0337

実はその前にもう一つ気がついていたことがある。

ジョイントの向きをまちがえているのだ。反対側は正規の向きになっていた。
タイストラップは進行方向が決まっている。

このソーチェーンは友人から譲り受けたので出所は不明。
しかしジョイントの組み方を間違えているのは確かだ。

タイストラップ後ろのリベット下部は、偏磨耗するのを見越してかはじめから低くフラットになっている。

それを左右でそろえておかないと、フラットな方がレールから浮いてしまうのだ。
片輪走行である。
ソーチェーンが高速回転するとき、特にスプロケットからレールに移るときには
タイストラップが激しくレールにぶつかっていることが想像できる。

片輪走行では異常な衝撃が加わっているはずだ。
これが新しいソーチェーンのジョイントが切れる原因の本命ではないだろうか?

Ca3a0338

修理後。今度は大丈夫なはずだ。

« 見える化 | トップページ | 次世代 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 破断:

« 見える化 | トップページ | 次世代 »